靴下オタクがメンズ靴下を本気でレビューします

好きなだけ、メンズ靴下。

冷え取り 靴下

【吸水発熱】ミズノのブレスサーモ靴下をレビュー

投稿日:

真冬の冷え性の足を守るために新しい靴下をおろしました。

ミズノのブレスサーモ製靴下です。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

色はチャコールブラックでフリーサイズを選択。

 

ブレスサーモは、『人体からの水分を吸収し発熱する』がコンセプト。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

これ、熱心な防寒対策者なら必ず聞いたことがあるユニクロのヒートテックと同じ方式なんですよね。

ただ、発熱力が全く違います。

この靴下に使われている素材のブレスサーモですが、以前百貨店でサンプルを見かけ、備え付けの霧吹きの水をかけてモミモミすると「熱っ!!」というほどに生地から熱が伝わってくるのがわかるほどのパワーでした。

このブレスサーモと、真冬の寒さからガードする最強素材であるウールを足したということで、これはなかなか期待ができそうだな、と思い購入。

 

ミズノ ブレスサーモ素材入りウール靴下のレビュー

足入れしてみると、圧縮されたフエルトのようなモッチリ、そしてしっかりとした感触。さすが羊さん!

ミズノのブレスサーモ靴下

 

足入れ直後はタイトでフィット感良し。

透け感もなく、厚さは真冬の靴下に充分です。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

この靴下、厚さよりも『密度』に優れている印象。

先程も書きましたが、フエルトのようなしっかりと目の詰まった生地で、他のウール靴下の柔らかさとは違い、ややもするとゴワついたような感触です。

さあ、発熱系新素材、『ブレスサーモ入り』靴下の実力はどうだ?

結果は、足入れしてすぐに暖かい!といったような感じはありませんでした。

いわゆる科学的な暖かさはすぐには無いものの、真冬の冷え切ったフローリングの上を歩いても冷たさが伝わってこない点は高い評価をしたいところ。

ブレスサーモは、以前試した通り、水分に反応して発熱することから、外で靴を履いて動いた時に真価を発揮するのかもしれません。

 

ミズノ ブレスサーモソックスのサイズ感

私は足の実寸28.5cmで、オニツカタイガーだと29cmを履いてます。

ブレスサーモ靴下はフリーサイズ(参考:25〜27cm)を選択。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

平置きでかかと〜つま先まで約22cm。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

足首は8cm。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

くるぶしから脛まで約20cm。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

裏返して裏地をチェックしてみました。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

タビオの靴下ほどではありませんが、縫製はしっかりしていて糸の処理がよく、ほつれにくそうです。

足入れ時はこんな感じ。

ミズノのブレスサーモ靴下

 

履いてみるとスッキリとしたデザイン。ややスポーティ。

裏側もしっかりしていて透け感無し。

 

ブレスサーモソックスのデメリット

天然素材のウール+化繊のブレスサーモのおかげで暖かく、底がパイルでクッション性も良し。

デメリットは、フローリングの上を歩くと滑りやすいことです。

他のメリノウールやコットンなどの靴下と比べて明らかにツルツルと滑りました。

靴を履けば気になりませんが、新品をフローリングで履くときは注意が必要かも??

あと、フィット感が強すぎて足首がかゆくなってしまいました。

もう少し履き口がゆったりめならいいのになあ。

このキツさ具合、臭わない靴下のリンマーを思い出しました。洗濯を重ねていけば伸びて馴染んでくるのだろうか?

 

ブレスサーモソックスの口コミを調べてみた

ブレスサーモソックスについて、Amazonの口コミを検証してみました。

2018年1月15日

厳寒期の船上に向いています
サイズ: 日本 F (FREE サイズ)色: 杢グレーAmazonで購入
普通のスポーツソックスを履いて厳寒期の船上では最悪、少し値段が高かったですが昨日これを履いて釣りに行きました。外気温は0℃、船上では冷たさを感じさせなかったです。お薦めだと思います。私のサイズは27cmですが、ぴったりでした。

引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R5AWY3BOWIC14/ref=cm_cr_srp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B0113ZKP1Y

↑船乗りの方のレビューです。

厳寒期の船上は超実用的で、ある意味究極のアウトドアかもしれません。

 

2018年2月27日

あまり伸縮性がなくキツめのフィット感
サイズ: 日本 F (FREE サイズ)色: 杢グレーAmazonで購入
実測で足のサイズ25〜26cm、甲の周り23〜24cmほどです。

あまり伸縮性がなくキツめのフィット感で、履くのに少し苦労しますが、

滑らないのでウォーキングやトレッキングには良い感じです。

スキーの時もつま先が冷えません。

手持ちの中では、いざという時に使う最強の靴下になっています。

引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R31YMACPTO1RBQ/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B009KK2K7W

↑やはり、ちょっとキツいという口コミもちらほら見られました。

この意見には私も同意です。ただ、やはりアウトドアシーンにおいては『最強の靴下』と言われていますね。

 

ミズノ製ブレスサーモソックスのまとめ

厚手なのでクッションも効いていて、歩いている時の履き心地は悪くありませんでした。

フローリングの上では滑りやすいのが玉にキズですが、洗っているうちに慣れるかな?とも思ってます。素材はウールメインなので毛玉は増えそうですが。

基本、家の中よりは野外活動=アウトドアで使うのがこの靴下の正しい使い方でしょう。

家の中での防寒には、メリノウールのパイル素材を使ったスマートウールの方がオススメできます。

 

モコモコで超暖かい!スマートウールの靴下を徹底レビュー

 

スマートウールの靴下は値段もちょいと張りますが、動かないシーンでの防寒靴下は今のところこいつが最強だと思ってます。

外見的にかなり毛玉は増えてきましたが、今の所破れたり薄くなったりはしていないので、耐久性はやはり登山向けだけのことはあります。

以上、【吸水発熱】ミズノのブレスサーモ靴下をレビューの巻でした!

-冷え取り, 靴下

Copyright© 好きなだけ、メンズ靴下。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.